実印や銀行印など印鑑ならおまかせください

MENU

ラクト・アクリル

印鑑の材料と言えば?
と質問をされれば昔なら象牙とか水牛とか柘といった回答が出てくる程度でした。
ところが近年では上記の材料が慢性的に品薄になってきていることもありますが、実に多くの素材が出てきました。
その中でもとりわけ色鮮やかで可愛くて価格も安いラクトやアクリルと言った合成樹脂材が印鑑の持つ暗いイメージを変えてきました。カラーラクト
それではラクト材やアクリル材の特長を見てみましょう。

 

 

価格が安い
印鑑といえば「高いもの」というイメージが昔はありました。
彫刻技術も向上し、機械を使って短時間で作成できるようになったこともありますが、このラクトやアクリルは印鑑の価格を大きく下げました。

 

豊富な商品バリエーション
綺麗な色のオンパレード。
中には人気キャラクターが描かれている可愛い素材もあります。
子どもさんの通帳を作る際に銀行印をこの素材で作られるお客様も多いです。

地味な色の印材が並ぶはんこ屋さんのショーウインドーもこのラクト印材のコーナーだけは明るく華やかになっています。

 

強度・耐久性が低い(欠けやすい)
ラクトやアクリルは硬さがやや不足するためどうしても印鑑の外枠や中に彫られている文字が欠けやすいという欠点があります。
このために役所や金融機関に登録してある実印や銀行印としての使用はあまりオススメはできません。
というのも欠けている印鑑を作り替えてくるようにと銀行から言われてご来店されるお客様が多いからです。
銀行側もかけている部分が少しだけの場合は見て見ぬフリをしているようですが、欠損部位が大きいと見逃してくれません。
金融機関に言われてご来店されるお客様の銀行印を見せていただくと・・・、たしかに欠損部位の大きいものばかりです。

他の素材だったらこういうことはないのか?といえばそうではありません。
チタンのような超硬金属は別として他の素材でも落としたりすれば欠けます。
実印や銀行印などの印鑑を使用する際には細心の注意を払っていただき、いつまでも使ってくださいね。

尚、熱に弱いというのは言うまでもありません。
ストーブのスグそばに置いておくということはないと思いますが・・・、厳禁です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 実印作成なら西高蔵印章店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.