実印や銀行印など印鑑ならおまかせください

MENU

彫り直しってトク?ソン?

このページでは印材はそのまま使い、印面だけを彫り直した場合、金額的に割に合うのか、合わないのかを見てみましょう。

まず彫り直しの方法について簡単にご説明しますね。
欠けた印鑑
今までに使っていた印鑑の側面についた朱肉を大まかにふき取ります。

ただしこれをやっても長年のあいだに印材の中に浸み込んでしまった朱肉は取れません。
したがって側面についた朱肉をふき取った程度では見た目はほとんど変わりません。

印鑑の面丁面丁後の印材今まで使っていた印鑑の印面を1~2ミリ水平に削り落してまったいらな状態にします。
これを面丁(めんてい)と呼びます。
この段階で印鑑の長さは短くなってしまうわけですが使用に差し差し支えるほどではありません。
ただし印鑑はその人の分身という考え方があって自分の身を削って「寸足らず」。
こういうことはするものではない!と言う印鑑屋さんもあります。
そこらへんは皆さんご自身で判断してくださいね。

あとは新品の材料に文字を入れていく作業と同じです。印鑑彫刻」
文字のデザイン→荒彫り→仕上げ彫り

さて次に費用の面で考えてみます。
先に答えを言っちゃいますね。
彫り直しをしてトクをするのは象牙くらいです。
水牛クラスなら買い換えたほうがマシ。
などの木材は新品価格より高くなってしまう可能性があり、何のために彫り直すのかわからない本末転倒の状態です。

印鑑の値段って実は「彫り代」部分が大半で材料そのものの価格って知れています。
それに前述の手順1の面訂という作業が入ってくるので木材のようにもともと材料価格の低いものは新品より高くなることが起きてきます。
よっぽどの彫り直しをする理由がない限りは新品を注文するほうがおトクです。

このように作成する側も手間ばかりでなおかつ印材の劣化により彫り直し不可となった場合の補償の問題もあるために、短時間で薄利多売が基本の激安通販サイトでは彫り直しはやってません。

(追伸)
印鑑は「一代限り」であって彫り直しは良くないということを言われるはんこ屋さんもあります。
その真意は私にはわかりません。

PAGETOP
Copyright © 実印作成なら西高蔵印章店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.